スポンサーサイト

  • 2015.11.14 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違い

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは資格認定の団体です。

野菜コーディネーターと野菜ソムリエは民間資格なので認定する団体が異なります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了して取得する資格は野菜コーディネーターです。

野菜コーディネーターの認定団体は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定講座です。

「がくぶん」の養成講座を修了すれば認定資格をもらえます。

野菜ソムリエの資格の認定団体は日本野菜ソムリエ協会です。

野菜ソムリエの認定資格を取得する方法は、日本野菜ソムリエ協会の講座を修了することです。

野菜ソムリエには、野菜コーディネーター資格取得のような「がくぶん」の通信教育講座はありません。

次に、野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いについて紹介します。

1)ホールフード協会の野菜コーディネーター

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いを紹介します。

まず、野菜コーディネーター認定資格の概要を紹介をします。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会が認定する資格です。

野菜コーディネーター資格取得は「がくぶん」の養成講座を修了するのがベストです。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の「がくぶん」の通信教育講座なので、講座修了で認定資格を取得できます。

野菜コーディネーターの認定資格には受講資格はありません。

「がくぶん」の通信教育なら家事・育児・会社勤務で忙しい女性でも講座を続けられます。

スキマ時間を利用した学習で野菜と果物の知識とノウハウを習得できます。

2)ソムリエ協会の認定資格

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは、野菜ソムリエの認定資格を確認すれば分かります。

野菜ソムリエの認定は日本野菜ソムリエ協会がします。

野菜ソムリエ認定資格を取得する方法は、日本野菜ソムリエ協会が実施する通学講座を受講して会場試験で合格することです。

日本野菜ソムリエ協会実施の野菜ソムリエコースの通学講座を修了した後に、一次と二次の会場試験に合格する必要があります。

野菜ソムリエコースを受講するためには受講資格が必要です。

野菜ソムリエコースの受講資格はジュニア野菜ソムリエ資格の取得です。

野菜ソムリエ講座の受講料は155400円になっています。

野菜ソムリエには1年に1度の更新料をともなう更新があります。

3)2つの野菜の資格

野菜コーディネーターと野菜ソムリエの違いは認定団体の違いです。

認定団体によって資格取得に必要な講座・受講資格・会場受験の有無・取得費用・認定資格維持費用が異なります。

野菜コーディネーターは通信教育講座なので自宅でマイペース学習ができますが、野菜ソムリエは通学講座なので決められた講座日時に通学する必要があります。

野菜コーディネーターは受講資格不要ですが、野菜ソムリエコースの受講資格にはジュニア野菜ソムリエ資格が必要です。

野菜コーディネーターの認定資格は、「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了すれば取得できます。

野菜ソムリエは通学講座終了後に、一次と二次の会場試験に合格する必要があります。

野菜コーディネーターには更新はありませんが、野菜ソムリエには1年に1度更新料が伴う更新が必要です。

「がくぶん」の野菜コーディネーターの方が取得しやすいですね。

「がくぶん」の養成講座を修了して、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得しませんか。

通信教育のメリットは、ライフスタイル・勤務スタイルに合わせて学習できることです。






野菜コーディネーターの通信講座

野菜コーディネーターの通信講座は「がくぶん」にあります。

「がくぶん」は伝統と実績のある人気のある通信教育機関です。

「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から認定資格をもらえます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学ぶのは、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウなどです。

野菜コーディネーターの知識とノウハウは「食」の仕事で役立ちます。

野菜と果物の知識とノウハウがあれば、健康食や美容食つくりに役立てられます。

生活習慣病対策の食事つくりや生活の質(QOL)アップをサポートする健康食つくりができます。

美容面ではアンチエイジング食やダイエット食や美肌食つくりに活かせます。

美味しい健康食や美容食をつくって生活の質(QOL)をアップしませんか。

次に、野菜コーディネーターの通信講座の概要について紹介します。

1)伝統と実績の「がくぶん」

伝統と実績がある人気の通信教育機関の野菜コーディネーターの通信講座で野菜と果物のことを学びませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定を受けている通信教育講座です。

そのため「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーター資格をもらえます。

野菜コーディネーターの資格は、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを身につけている証明になります。

伝統と実績のある「がくぶん」の通信教育講座で学びませんか。

2)自宅でマイペース学習

「がくぶん」の野菜コーディネーターの通信講座で野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。

通信教育講座のメリットは通学不要で決められた講座時間がないことです。

自宅でマイペース学習ができます。

通信教育講座は家事や育児や会社勤務に忙しい女性におススメです。

家事や育児のスキマ時間に学習できます。

会社勤務の通勤時間や休日や朝夕のスキマ時間を利用して野菜と果物の知識とノウハウを学べます。

自宅でのマイペース学習で資格取得をしたい人におススメします。

養成講座終了でホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーターを取得できます。

3)通信教育講座

野菜コーディネーターの通信講座をおススメしたいのは次のような女性です。

・通学できる通学制の講座がない人

・家事や育児に忙しくて通学が困難な人

・家事や育児のスキマ時間を活かして資格を取得したい人

・自宅でのマイペース学習で資格を取得したい人

・食育に役立つ知識とノウハウを学びたい人

・家族の健康食つくりを考えている人

・子供の野菜キライを解決したい人

・アンチエイジング食やダイエット食をつくりたい人などです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の野菜コーディネーターは「食」の仕事でも役立ちます。

通信教育講座は自宅でのマイペース学習ができるので家事や育児に忙しい女性や会社勤務の人でも講座を続けられます。






野菜コーディネーター合格率・合格ライン

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、野菜と果物の知識とノウハウを習得することです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了することで、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピの知識とノウハウの習得を証明できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば野菜と果物の知識・ノウハウ習得の合格ラインは達成できます。

「がくぶん」の養成講座を修了してホールフード(Whole Food)協会の認定資格をもらいませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育です。

通信教育のメリットは通学や決められた講座時間がないことです。

通信教育であれば自宅で都合のよい時間に学習できます。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせてマイペース学習できる通信教育講座を利用して「食」のスペシャリストになりませんか。

野菜コーディネーターの合格率は分かりませんが合格ラインは「がくぶん」の講座内容から予測できます。

養成講座でしっかり学べば合格ラインのクリアは難しくありません。

次に、野菜コーディネーター合格率・合格ラインの概要を紹介します。

1)合格ラインと講座修了

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは、一般社会法人・ホールフード(Whole Food)協会や「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで予測できます。

野菜コーディネーター養成講座の修了が合格ラインのクリアになります。

合格ラインをクリアするために必要な野菜と果物の知識とノウハウは、

・「野菜と果物の種類」
・「新鮮で美味しい食材の選別方法」
・「新鮮さをキープした保存方法」

・「栄養吸収をアップする調理方法」
・「健康や美容に役立つレシピ」などです。

2)課題レポートの提出

野菜コーディネーター合格率・合格ラインは「がくぶん」の養成講座の提出レポート課題をクリアすることです。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法などの基礎を習得して、食材の栄養効果をアップした美味しい料理の調理方法までの知識を身につければ合格ラインをクリアできます。

養成講座での課題レポートクリアが一般社会法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定試験に相当すると考えられます。

複数回の「課題レポートの提出」を提出期限までに確実に提出することが大切です。

課題レポート作成は難しくありません。

自宅でリラックスしながら教材(テキスト・DVD)を見ながらマイペースで仕上げられます。

提出期限までに課題レポートをまとめて提出すれば合格ラインをクリアできます。

3)養成講座内容

野菜コーディネーター合格率・合格ラインをクリアするポイントは2つあります。

課題レポートを提出期限までに提出する。

養成講座を修了するまで受講する。

「がくぶん」の通信教育講座の野菜コーディネーター養成講座内容は5つのステップになっています。

・「野菜や果物の基礎知識習得」ステップ
・「野菜の特徴を学ぶ」ステップ
・「その他の食材の特徴を学ぶ」ステップ

・「野菜とエコライフを学ぶ」ステップ
・「栄養満点の調理方法を学ぶ」ステップ
・「健康レシピを学ぶ」ステップです。

課題レポート作成はカラーテキストを確認しながら作成できるのでOKです。

カラーテキストとDVDで理解を深められます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード協会の認定資格を取得できます。

課題レポートの提出と養成講座の修了が合格ラインのクリアになります。





野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向を紹介します。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会と「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトで資格取得期間や概要などが紹介してあります。

「がくぶん野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の通信教育講座です。

「がくぶん」の通信教育講座では、野菜と果物の選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを学びます。

「がくぶん」の通信教育講座のメリットは、野菜コーディネーター養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できることです。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の野菜コーディネーター資格は「食」の仕事に活かせます。

野菜と果物の選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウは、生活習慣病対策や生活の質(QOL)アップの健康食つくりやアンチエイジングやダイエットなどの美容食つくりに役立ちます。

次に、野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向について紹介します。

1)養成講座の標準受講期間

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座紹介のサイトで確認できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座の標準受講期間は4ヶ月です。

標準受講期間4ヶ月で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを習得できます。

通信教育講座はライフスタイルや勤務スタイルに合わせて受講できます。

家事や育児や会社勤務で忙しい人は標準受講期間4ヶ月にこだわることはありません。

マイペース学習でジックリと野菜と果物の知識とノウハウを習得できます。

2)ホールフード協会

野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会でも確認できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の代表は「タカコ・ナカムラ」です。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には野菜コーディネーターの他にも「食」の資格があります。

ホールフード(Whole Food)協会にある野菜コーディネーターの上位資格は、Whole FoodシニアマスターやWhole Foodマスターになります。

他の「食」の資格は、Whole Foodインストラクターや醸シニストやWhole Foodジュニアマスターなどです。

「がくぶん」の養成講座で、野菜と果物の選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの基礎知識を学んで上位資格を目指す人もいます。

3)講座の目安・傾向

通信教育機関の「がくぶん」で紹介されている野菜コーディネーターの取得期間の目安・傾向を紹介します。

標準的な取得期間は、養成講座の標準受講期間が4ヶ月なので忙しい人でも半年もあれば修了できると考えられます。

養成講座で学ぶ内容は次になります。

・「野菜や果物などの食材の基礎知識」
・「野菜や果物の特徴」
・「その他の食材の特徴」

・「野菜を活用したエコライフ」
・「野菜や果物を使った栄養満点の調理方法」
・「美味しいレシピ」です。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせたマイペース学習で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学んでください。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学びませんか。

家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも標準受講期間4ヶ月で修了されているようです。





野菜コーディネーター資格取得方法

野菜コーディネーター資格取得方法は通信教育機関の「がくぶん」を活用するのがベストです。

野菜コーディネーターは一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格です。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば取得できます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会には野菜と果物の資格他6つの「食」の資格があります。

・野菜コーディネーター

・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター・Whole Foodインストラクター

・醸シニスト・Whole Foodジュニアマスターなどです。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウをベースにして上位資格を取得する女性もいます。

伝統と実績がある人気の通信教育機関の「がくぶん」で、野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。

次に、野菜コーディネーター資格取得方法とホールフード協会の資格を紹介します。

1)野菜コーディネーターの資格

野菜コーディネーター資格取得方法のおススメは通信教育機関の「がくぶん」を活用することです。

「がくぶん」は伝統と実績のある通信教育機関です。

通信教育なので、家事・育児・会社勤務に合わせてマイペースで学習できます。

スキマ時間や通勤時間を利用して講座をすすめられます。

スキマ時間を活用した自宅でのマイペース学習で野菜と果物の資格を取得しませんか。

野菜コーディネーターは、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会認定の民間資格ですが「食」の仕事で役立ちます。

野菜コーディネーター養成講座への受講申し込み方法は2つあります。

一般社団法人・ホールフード協会の「野菜コーディネーター」のサイトから受講申し込みする方法。

「がくぶん」の通信教育サイトの野菜コーディネーター養成講座から受講申込みする方法です。

2)野菜コーディネーター養成講座

野菜コーディネーター資格取得方法は「がくぶん」の通信教育講座説明で知ることができます。

野菜コーディネーター資格を取得するベストな方法は「がくぶん」の通信教育の養成講座を修了することです。

通信教育の野菜コーディネーター養成講座を修了には、指導課題と修了課題に合格する必要があります。

指導課題と修了課題の合格には、講座内容を理解していればOKです。

講座内容は・野菜や果物に関する基礎知識・野菜の特徴・果物他の食材の特徴・野菜で始めるエコライフ・栄養満点の健康レシピです。

野菜コーディネーター養成講座の指導課題回数は4回です。

3)養成講座の通信教育教材

野菜コーディネーター資格取得方法はマイペース学習を続けることです。

養成講座の教材は協会代表の「タカコ ナカムラ」が監修しています。

一般社団法人ホールフード協会代表の「タカコ ナカムラ」が監修した教材は理解しやすくつくられています。

養成講座で使用される教材は、テキスト5冊・DVD2巻・サブテキスト・野菜ノート・指導課題集・質問用紙・学習のためのガイドブックです。

通信教育講座を続けるにはマイペース学習がベストです。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせた無理のないマイペース学習をキープしてください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、ホールフード(Whole Food)協会の認定資格がもらえます。

通信教育機関の「がくぶん」の養成講座の通信教育教材は理解しやすくつくられています。

マイペース学習が講座を続けるポイントです。





野菜コーディネーターの資格取得のメリット

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、健康食や美容食をつくれる・「食」の仕事に活かせるなどです。

健康サポート食には生活習慣病予防・改善食などがあります。

美容サポート食にはアンチエイジング食・ダイエット食などがあります。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座を受講しませんか。

野菜コーディネーター養成講座では、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを学びます。

「がくぶん」の養成講座を修了すると、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

ホールフード(Whole Food)協会には6つの認定資格があります。

・野菜コーディネーター

・Whole Foodシニアマスター・Whole Foodマスター・Whole Foodインストラクター

・醸シニスト・Whole Foodジュニアマスターなどです。

野菜コーディネーターを取得したら上位資格にも挑戦できます。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウをベースにして「食」のスペシャリストを目指しませんか。

次に、野菜コーディネーターの資格取得のメリットを紹介します。

1)野菜と果物の健康食

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは野菜と果物を活かした健康食をつくれることです。

野菜と果物の特徴を生かした美味しい健康食で生活習慣病予防しませんか。

生活習慣病は日本人の3分の2の死亡原因になっています。

脳卒中・心臓病・脂質異常症・高血圧・糖尿病・肥満など生活習慣病の改善・予防に野菜と果物の知識とノウハウを活かしてください。

2)野菜と果物の美容食

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは野菜と果物を活かした美容食をつくれることです。

アンチエイジングやダイエットに役立つ美容食をつくりませんか。

野菜と果物の知識とノウハウは美容食つくりにやくだちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学んでください。

3)野菜と果物の選別・保存・調理

野菜コーディネーターの資格取得のメリットは、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウを活用できることです。

美味しい健康食で生活習慣病対策ができます。

美味しい美容食をアンチエイジングやダイエットに活用できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了して、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の野菜コーディネーター資格を取得しませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育です。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて自宅でマイペース学習ができます。

一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できるのでお得です。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウは、「食」の仕事でも活かせます。






野菜コーディネーターの資格概要

野菜コーディネーターの資格概要は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトや、一般社団法人・ホールフード協会のサイトで確認できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード協会の認定資格を取得できます。

「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学びませんか。

野菜と果物の知識とノウハウは、健康食・美容食つくりや知育・徳育・体育のベースになる食育に役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学んで、一般社団法人・ホールフード協会から「野菜コーディネーター」として認定されませんか。

次に、野菜コーディネーターの資格概要とホールフード協会について紹介します。

1)ホールフード協会

野菜コーディネーターの資格概要は、一般社団法人・ホールフード協会で紹介されています。

2008年に設立された一般社団法人・ホールフード協会の事務局は東京都にあります。

東京都大田区にある、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の活動は、教育・通信販売・ツアー・コンサルティング・人材派遣・情報発信・出版・イベントやセミナー企画などです。

Whole Food協会の代表はタカコ ナカムラです。

2)ホールフード協会の6つの資格

野菜コーディネーターの資格概要には、ホールフード(Whole Food)協会の6つの資格が紹介されています。

ホールフード(Whole Food)協会の資格は、

野菜コーディネーター

・Whole Foodシニアマスター

・Whole Foodマスター
・Whole Foodインストラクター

・醸シニスト
・Whole Foodジュニアマスターです。

「がくぶん」の養成講座で野菜コーディネーター資格をして上位資格を目指す女性もたくさんいます。

上位資格を取得して野菜と果物の知識とノウハウを持つスペシャリストとして活躍しませんか。

3)野菜コーディネーター養成講座

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座のサイトを覗いてみませんか。

野菜コーディネーターの資格概要が確認できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、・野菜を選択する目を養うこと・買い物や食材調理が楽しくなるノウハウを学びます。


「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で使われる教材はカラーテキストとDVDです。

「がくぶん」の養成講座の教材を監修しているのは「タカコ ナカムラ」です。

「がくぶん」の養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学んでください。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講して野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。

西洋野菜・ハーブ・和野菜・香味野菜・山菜などの種類や選別方法や、健康料理・栄養吸収アップの食材のアレンジ方法は「食」の仕事で役立ちます。






野菜コーディネーターの志望動機

野菜コーディネーターの志望動機には、家族の健康・アンチエイジング・ダイエット食をつくりたい・生活習慣病予防や改善食に活かしたいなどがあります。

「食」関連の仕事をしている人では、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウを料理に活かしたいと始めケースもあるようです。

「がくぶん」野菜コーディネーター養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学びませんか。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の知識とノウハウ習得して修了すれば、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格がもらえます。

「がくぶん」の通信教育講座であれば、家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも続けられます。

通学時間や決められた講座時間がないのでライフスタイルや勤務スタイルに影響を与えません。

自宅でのマイペース学習で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学べます。

家事や育児や会社勤務で忙しくで通学制の講座に通えない女性に通信教育講座をおススメします。

次に、次に野菜コーディネーターの志望動機について紹介します。

1)肥満体形の改善

皮下脂肪や内臓脂肪が蓄積した肥満体形はスタイルを崩すだけではありません。

肥満体形は生活習慣病のリスクを高めます。

皮下脂肪や内臓脂肪を減らす料理を食べてスリムスタイルになりませんか。

野菜コーディネーターの志望動機には、美味しいダイエット食つくりをしたいからや肥満体形改善などの理由があります。

健康的なスリムスタイルは女性に人気があります。

皮下脂肪や内臓脂肪が多い肥満体形を改善しませんか。

スリムスタイルつくりに、野菜と果物の知識とノウハウが役立ちます。

2)美味しいアンチエイジング食

野菜コーディネーターの志望動機で多いのはダイエットやアンチエイジングなどの美容食が多いようです。

野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウは、アンチエイジング食・ダイエット食に役立ちます。

アンチエイジング食やダイエット食は、見た目年齢を若くするだけでなく健康カラダつくりにも役立ちます。

皮下脂肪や内臓脂肪が多い肥満体形を改善するダイエット食や見た目年齢を若くするアンチエイジング食つくりに、野菜と果物の知識とノウハウを役立ててください。

3)食育と食の資格

野菜コーディネーターの志望動機には、「食」のスペシャリストを目指すというのもあります。

「食」関係の仕事には食育もあります。

食育とは知育・徳育・体育のベースになるものです。

食育には野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識やノウハウが役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で野菜と果物の知識とノウハウを学んだら、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の「食」の上位資格にも挑戦してください。

・Whole Foodシニアマスター
・Whole Foodマスター
・Whole Foodインストラクター

・醸シニスト
・Whole Foodジュニアマスターなどの資格取得過程で野菜と果物の知識・ノウハウもアップします。

「食」のスペシャリストになって食育に活かしませんか。

ホールフード(Whole Food)協会の資格取得は、「食」のスペシャリストを目指すのに最適です。

「がくぶん」の通信教育講座の野菜コーディネーター養成講座はライフスタイルや勤務スタイルに合わせて学べます。

マイペース学習で野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学べるのでお得です。

「食」のスペシャリストになって、美味しいアンチエイジング食・ダイエット食・生活習慣病予防食つくりや食育に活かしてください。






野菜コーディネーターに求められる能力

野菜コーディネーターに求められる能力は、美味しい料理への興味・食材への興味などです。

野菜と果物の知識とノウハウは、健康改善・生活習慣病予防・ダイエット・アンチエイジング・美容に役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピを学びませんか。

養成講座を修了すれば一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格をもらえます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会から認定された通信教育講座です。

通信教育講座なので、家事や育児や会社勤務で忙しい女性でも講座を続けられます。

ライフスタイルや勤務スタイルに合わせて学べる通信教育講座で野菜と果物の知識とノウハウを学びませんか。

次に、野菜コーディネーターに求められる能力について紹介します。

1)美味しい健康料理

野菜コーディネーターに求められる能力には家族への美味しい健康料理つくりがあります。

家族の健康の基本は食事です。

食生活のバランスが崩れると生活習慣病のリスクが高まります。

生活習慣病とは脳卒中・心臓病・高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などです。

家族の生活の質(QOL)をキープするためには美味しい健康料理がポイントになります。

家族の生活習慣病予防に、野菜と果物の知識とノウハウを活かしてください。

2)美味しい美容食

野菜コーディネーターに求められる能力には美味しい美容食つくりもあります。

美しいボディは健康の基本です。

生活習慣病のリスクが高い人は美しいボディをキープすることはできません。

ダイエット食・アンチエイジング食・美容食に野菜と果物の知識とノウハウを活かしてください。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識とノウハウは美味しい美容食つくりに役立ちます。

3)美味しい料理を食べたい

野菜コーディネーターに求められる能力には、美味しい料理を食べたい欲望もあります。

「食」への欲望は探究心と応用力を高めます。

「がくぶん」の通信教育の野菜コーディネーター養成講座で学ぶ、野菜と果物の知識とノウハウをベースにして美味しい料理をつくりませんか。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどの知識・ノウハウは美味しい健康食や美容食つくりに役立ちます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学んだ野菜と果物の知識とノウハウは美味しい健康食・美容食つくりに役立ちます。

野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピをベースに、探究心をもって応用力を鍛えれば「食」のスペシャリストになれます。






野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、美味しい料理・ダイエット・アンチエイジング・生活習慣病対策に興味がある人が向いています。

美味しい料理をつくりたい・家族に美味しい料理を食べさせたい・ダイエット食をつくりたい・アンチエイジング食でキレイになりたい人は、「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を受講してみませんか。

養成講座では野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを学びます。

野菜と果物の知識とノウハウは、美味しい健康食・ダイエット食・アンチエイジング食・生活習慣病予防食つくりに活用できます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座は通信教育です。

通信教育講座のメリットはライフスタイルや勤務スタイルに合わせて学べることです。

家事や育児や会社勤務で通学時間がない女性でも自宅でのマイペース学習なら続けられます。

「がくぶん」の通信教育講座では、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを分かりやすくまとめてあります。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座を修了すれば、一般社団法人・ホールフード(Whole Food)協会の認定資格を取得できます。

次に、野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えます。

1)野菜コーディネーターに向いている女性

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えます。

野菜コーディネーターに向いている女性は次のようなタイプではないでしょうか。

・野菜や果物を美味しく食べたい女性
・家族に美味しい健康食をつくりたい女性

・食材の栄養成分をアップする調理方法を知りたい女性

・野菜と果物の正しい保存方法を知りたい女性
・アンチエイジング食の調理方法を知りたい女性

・ダイエット食をつくりたい女性
・生活習慣病予防食をつくりたい女性などです。

2)向いていない女性

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人を考えると、野菜や果物を使った料理がキライな女性は向いていないかもしれません。

野菜と果物の知識とノウハウを習得するには、野菜や果物への興味が必要です。

美味しい料理や野菜や果物が好きでなければ、野菜や果物の種類・選別方法・保存方法・調理方法・レシピなどを学び続けることは難しいと考えられます。

3)野菜・果物が好き

野菜コーディネーターに向いている人・向いていない人について考えると、野菜・果物が好きな人は向いていると考えられます。

野菜・果物が好きな人には「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座をおススメします。

通信教育講座なので家事や育児や会社勤務に合わせて学べます。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座では、野菜と果物の基礎知識・野菜の特徴・果物&その他の食材の特徴・野菜ではじめるエコライフ・栄養のある健康レシピなどです。

「がくぶん」の野菜コーディネーター養成講座で学びませんか。

養成講座で、野菜と果物の種類・選別方法・保存方法・レシピなどの知識やノウハウは「食」の仕事に役立ちます。